• 注文住宅が完成するまで

    • 注文住宅は設計プランにこだわれる分だけ完成までには長い期間を必要としますが、どの程度の期間がかかるかは依頼先によって異なります。



      ハウスメーカーや工務店、設計事務所など依頼先は複数ありますが、一般的な流れを把握しておくことが大切です。


      注文住宅でははじめから費用が分かる訳ではなく、ある程度段階が進まなければ正確な費用が分からない性質があります。



      はじめに設計プランを決めますが、プランが決まってから見積書の作成と請負契約へと進みます。



      見積書の金額を一発でOKする人はいませんので、この時点でプランの修正を加えながら契約へと進みます。契約後は仕様や詳細な部分について確認し決定してから工事に取り掛かる流れとなります。工事期間はおよそ4カ月程度かかりますが、工事に取り掛かるまでの期間は半年程度は必要です。実際に行動をおこしてから完成までに1年程度はかかりますので、余裕を持ったスケジュールを組んでおくことが大切です。



      土地を購入する必要があり、自分で探す場合には土地選びの期間がさらにかかりますので、その分を合わせると1年半から2年程度はかかることもあります。



      注文住宅は完成までに長い期間がかかりますので、手間を考慮すればすぐに引き渡しができる分譲住宅を選ぶのも良い方法です。



      色々な部分にこだわれるのが注文住宅のメリットですが、こだわりの少ない人にとっては経済的に購入できる分譲住宅が適している場合もあります。

  • 関連リンク

    • 環境に配慮した注文住宅を作ることができます

      近年では経済の活性化を中心として社会が発展してきましたので、ここ20年から30年ほどの期間にかけて住宅の解体が増えて廃棄物の量が多くなっています。地球環境のことを考えれば、住宅建設の段階から環境に対して負荷を高くかけてしまう住宅はエコロジーに反していることになります。...

    • 注文住宅を建設するためにかかる期間について

      注文住宅は自由な要望を盛り込むことが可能ですので、規模や工法、依頼先の会社によって建設が完成するまでに、どのぐらいの期間がかかるのかは異なってきます。注文住宅の建設を行うにあたって、最も流動的なものと言えるのはプランを練る間の期間と言えます。...